So-net無料ブログ作成
検索選択
RECOMMEND ブログトップ

ラルク True オススメの曲 [RECOMMEND]

今回も、私の独断と偏見で、L'Arc~en~Ciel(ラルク)のオススメの曲をお伝えしようかと思います。そろそろ慣れてきたので、頑張りたいところですね

今回は4作目(メジャー3作目)のアルバムTrueのオススメ曲を紹介します

Trueはメジャーデビュー後、初めてオリコンチャート1位を獲得したアルバムとなります。そして、L'Arc~en~Ciel(ラルク)史上最大のロングヒットとなったアルバムでもあります

全体的にはheavenlyの都会的な雰囲気を更に精練したイメージです。これまでのアルバムの幻想的なイメージは排して更にポップ色が強くなっています

ただ私は幻想的なイメージはなくてもロック的な要素は強調されていると感じています。L'Arc~en~Ciel(ラルク)のロック系の曲も好きなので、Trueもオススメの曲が多いです。正直、迷ってしまいます

①flower
ラルクの代表曲と言っていい曲です。hydeくんも「この曲が売れなきゃ世の中が間違っている」と発言するほど。この曲はちょっと外せなかったです

曲も歌詞も綺麗で、hydeくんの「夢の中で夢だと気付いてしまった」という体験を基にアコースティックな音楽を意識して作られた曲となっています

ちなみに、曲の中で使われているブルースハープはhydeくんが吹いています。ライブでも吹いていますね

②Caress of Venus
ダンサブルな曲の上に情熱的な詞が乗ったようなポップな楽曲です。バスドラとアコギの音色が、これまでのラルクの曲にはなかった軽快なノリを作っています

ライブの定番曲で、ノリが良いし、歌詞も好きです。ファンではない人にも聞いてもらいたい曲の一つですね

③the Fourth Avenue Café
最後の一曲はホントに迷いました。Round and Roundも好きなんだけど、正直、この曲も外せないって感じです。知られざる名曲ですね

街に佇みながら分かれた恋人を想う内容の歌詞で、タイトルの通り、オープンカフェで作詞が行われたそうです。ホーンの部分に東京スカパラダイスオーケストラが参加しています


Trueはホントにオススメの曲が多くて迷ってしまいますね。もう2~3曲入れたかったです。アルバムごと聞きこんで欲しい作品です


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラルク heavenly オススメの曲 [RECOMMEND]

またまた、私の独断と偏見で、L'Arc~en~Ciel(ラルク)のオススメの曲をお伝えしようかと思います。とりあえず、頑張ります

今回はL'Arc~en~Ciel(ラルク)の3作目となるアルバムheavenlyから紹介したいと思います

前の作品よりはheavenlyはポップ寄りというか、明るい曲調になっていますよね。ここらで作る曲の方向転換が行われたような気がします

ただ幻想的とまでは行かなくても、L'Arc~en~Ciel(ラルク)らしいオシャレで綺麗な曲が多いです

①C'est La Vie
タイトルはフランス語で「人生なんてこんなものだ」という意味だそうです。直訳すると「それが人生だ」って感じですかね

かなりポップな感じの曲です。歌詞は愛しい人を探して街へ出たけど、巡り会えず、まぁ、そんな日が合ってもいいよねって感じの歌詞です

曲調と相まって、可愛らしい印象の曲です

Vivid Colors
2作目のシングル曲。この曲でMステへの初出演を果たしました

こちらの曲もポップで、爽やかな印象がある曲です。歌詞は愛しい人と別れて遠くへ旅立つといった内容の歌詞です。「電車」などの日常的な言葉が出てきて、幻想的な歌詞から現実的な歌詞へのシフトを感じられます

やっぱりラルクは別れの曲が良いですね

ガラス
バラード曲です。最初は波の音のSEから静かにAメロに入って、サビに入った途端、曲調が激しくなります。ギターの間を縫うようなベースの音が良いです

歌詞は水面に浮かびながら死に行く者を歌ったような歌詞です。初期のラルクの流れに沿った歌詞かもしれませんね

ファンの間でも人気のある曲です


今回は如何でしょうか。参考にして頂ければ、幸いです




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラルク Tierra オススメの曲 [RECOMMEND]

前回に引き続き、私の独断と偏見で、L'Arc~en~Ciel(ラルク)のオススメの曲をお伝えしようかと思います。想定以上に曲の説明が下手というか、曲の表現が貧相という状態ですが、とりあえず、どの曲が良いと思っているかは伝えたいと思います

今回はL'Arc~en~Ciel(ラルク)のメジャーデビュー後の初のアルバムTierraから紹介したいと思います。Tierraとはスペイン語で地球という意味です

勝手に一つのアルバムから3曲紹介しようと決め、前回も悩みましたが、今回も悩みに悩んでます。正直、どれも良い曲です

L'Arc~en~Ciel(ラルク)のアルバムに最低でも3曲はオススメな曲になりますね。オススメというかお気に入りですかね。だから、どの曲が好き?とか聞かれると多過ぎて困ったりします

今回のTierraは初期のL'Arc~en~Ciel(ラルク)の曲の幻想的な部分を残しつつ、より壮大というか、美しくなったようなイメージですかね。歌詞や曲調は多彩ですが、一貫したイメージの基に構築され、初期のL'Arc~en~Ciel(ラルク)の一つの到達点とも言えると思います

早速、オススメの曲を紹介します

①風の行方
寂しさを誘うアコギを基調としたメロディが心地よい楽曲です。サビのリズミカルなベースも好きです

歌詞は、過去の記憶が蘇り、その切なさに身を震わせるといった歌詞です。私は、この曲は歌詞が特に好きです。ラルクの曲は別れの曲が多いですが、その真骨頂という感じがしますね

②All Dead
軽快なギターと縦横無尽に踊り狂うようなベースがカッコいい楽曲です。幻想的というか、ダークな雰囲気がある曲です。最近では少ないですが、ラルクはダークな曲も良いですよね

歌詞も、傷付けられ、苦痛を与えられた相手を憎むといったヘビーな内容の歌詞となっています。怖いけど、カッコいい歌詞だと思います

kenちゃんが好きな曲のようです

Blame
アコギの弾き語りから静かに始まり、途中から激しい曲調に変わります。激しい曲調の時のベースの音がカッコいい曲です

また、hydeくんは基本的に同じメロディを歌っていますが、曲の盛り上がりに合わせてオクターブを変えています。曲調と相まって、感情を揺り動かされる感じがしますね

歌詞は、過去に犯した罪を忘れられないが、神であろうと責めさせはしないといった歌詞。これも別れのニュアンスを含む歌詞となっています


やっぱり曲を説明するのは難しいですね。かなり良い曲ばかりのアルバムなのですが、上手く伝わらない気がしますね。今後とも頑張ります



2014/1/5 追記
少し書き直しました
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラルク DUNE オススメの曲 [RECOMMEND]

お伝えするニュースが尽きてきたので、私の独断と偏見で、L'Arc~en~Ciel(ラルク)、もしくは、VAMPS、HYDEオススメの曲をお伝えしていこうかと思います。オススメと言いつつ、私の好きな曲を紹介するだけになりそうな気もしますが、ご了承ください

最初はL'Arc~en~Ciel(ラルク)のインディーズ時代のアルバムDUNEから

L'Arc~en~Ciel(ラルク)の曲は初期の曲が好きっていう人と最近の曲が好きっていう人と二分される傾向があるような気がします。それくらい初期の曲と最近の曲は傾向が違いますよね

初期のL'Arc~en~Ciel(ラルク)の曲は幻想的、且つ、退廃的なイメージで、最近の曲はポップで、明るいイメージといったところでしょうか。ちなみに、私はどちらも好きです。どちらの曲調にも魅力があると思ってます

DUNEはインディーズ時代のアルバムなので、かなり初期ですよね。幻想的なイメージの曲が多いです。歌詞も閉鎖的な世界観の歌詞が多いです。早速、オススメの曲を紹介します

①As if in a dream
名曲ですね。とにかく綺麗な曲だと思います。GLAYのTAKUROも絶賛し、hydeくんも「L'Arc~en~Cielの楽曲史上最高の曲」と語った程です

幻想的なイメージではないけど、荘厳な雰囲気のある曲調と言ったところでしょうか。hydeくんの、夜の高速道路を走っているイメージで歌ったとの発言の通り、疾走感もある楽曲です

Voice
kenがラルクのために初めて作った曲だそうです。また、一時期は代表曲のような扱いで、ライブでは必ず演奏されていたそうです

広がりのある曲調で、サビの旋律も美しいです。メジャーデビューに向けて、精練されていく頃の曲だと思われます。歌詞も、初期のラルクの特色とも言える幻想的なイメージがあります

③Dune
迷いましたが、今でもライブで歌われることのあるDuneを選びました

イントロのガラスが割れる音が印象的な曲です。歌詞は砂の街を舞台として男女の悲恋を描いたストーリー性のある歌詞となっていて、やや破廉恥です(そうでもないかな?)

なお、現在、ラルクの楽曲でアルバムの表題曲となっているのは、この曲のみです。珍しいですよね


どうでしょうか。上手く曲を紹介できている気がしないのですが、今後も頑張っていきたいと思います。ご意見があれば、気軽にコメントをどうぞ



2014/1/5 追記
少し書き直しました
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
RECOMMEND ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。